« 卒業作品展 其の二 | トップページ | 卒業作品展 番外編 »

2007年2月 1日 (木)

試合と緊張。

今週の日曜日に、バドミントンの試合をしてきました。

結果から言うと、負けた・・・。全敗です。ぎゃーっ!!

この大会、団体戦(男子ダブルス、女子ダブルス、ミックスダブルス)だったんですが、

ことごとく負けました。あぁ・・・。

敗因は、そうですねぇ・・・緊張でしょうか?確実に練習不足ではありましたが。

いや、実力もまだまだだったのでしょうけど、でもね、いくら実力があっても、緊張してると普段の半分、もしくは以下の動きしかできないんです。もぅホント、動かない!動けない!人一倍緊張屋です。動いた気がしない。

ルール改正になり、試合自体も早く進むようになったのですが、それでももうちょっとどうにかなったんじゃないかなぁと。ゲームに勝つ前に、自分自身に勝たないとだめなのよ~と、これまた自分自身に言い聞かせるものの、なかなか上手くコトは運びませんでした。

結婚式の余興とかで人前で歌うのは平気なのに、勝負事となるとからっきしダメ子!

緊張にも色々種類があるのね。

どうやったら勝負事の緊張に勝てるのか?!

①普段から緊張感を持って生活? (息詰まる?)

②普段から勝負事をする? (ギャンブルではない)

③「手のひらに”人”」作戦? (神頼み的?)

是非とも「緊張克服法」を教えていただきたいものです。

っていうか、最近では緊張を強いられる場面に出くわすことが少ないなぁ。

今時期だと、高校、大学受験等(もう終わった?)や

就職活動中の方は緊張の連続だと(だったと)思います。

いかに落ち着けるか、集中できるかだったのではないでしょうかね?

また数ヵ月後に試合を予定しているけど、それまでに緊張を和らげる方法をあみ出したいものだわ。あと、もっと練習しなきゃ!

部活並みに運動したい衝動にかられることがしばしば。

|

« 卒業作品展 其の二 | トップページ | 卒業作品展 番外編 »